人よりも顧客を優先して感じる事ができるか。

今どきはまってあることをつらつらといった…

おはようございます(^^)
今どきはまっているのは主にタブレットのソーシャルゲームだ。
それほどはまっているのは今も関心が根強いBLEACHというコミックのソシャゲだ。KLabというビッグな社が作っていらっしゃるのですがそれが二度と出来が本当に高くて昔のマニアも承知の出来ではないでしょうか!
版権もののゲームってずいぶんマニアを満足させる出来にはなりづらいというか、コレジャナイ霊感のあるものが多い印象ですがこういうゲームは中身消化という身元があるほど作品に詳しいほうが係における結果、マニア視線でゲーム作成をなされている。その所為なのでしょうかね。
ただ検索してみると何やら全然悪い筆記も散見してしまうのですが、個人的にははなはだ満足のいく出来。フルボイスで3Dでキャラクターのトレンドやアピールも脚本再現率が甚だ高いのです。ソシャゲはガチャといって予測のガチャガチャを給与を些か払って引いて運が良ければ新キャラクター調達というカラクリ。マグレが悪ければ・・という闇のゾーンもありますがほとんど望んだキャラクターは引っかかる物体なので楽しんでいます!

生活寄り添うことはフェチだけじゃ困難

好きだから結婚望む。

生活を寄り添う上で大事な心構えだ。

も、『フェチだけじゃ結婚できない』と一心に言います。

まったく恋愛に恋してるような若い頃なら今ひとつ科白じゃないかなと思いますが、生きて色んな実績をしてるって了見がわかって生じる。

アニマルをフェチだけじゃ飼えない。ここに置き換えて考えると分かりやすいと思います。

アニマルがフェチ→アニマルを飼いたい→配慮がある→糞弁の配慮、ご飯の配慮、犬ならおウォーキング、疾患になったときの配慮、しめを見届けるところ。

進行には情愛が不可欠です。

自分のところよりもアニマルが優先。

フェチとは別にその輩にトータルを注ぎたい、注ごうと思えるだけの情愛。

アニマルはヒトよりも寿命が少ない。

それでも15年代20年代と通じるアニマルにとっての生活を助ける、寄り添う決心があるのか。嫌になって投げ出さないか?

それができるのは、ただフェチだけではなく自分犠牲を苦とも思わずやれる心構えがあるか。

結婚も一緒で、好きだからではなく、顧客の暮し何があっても自分が支えたいと思えるか。

人よりも顧客を優先して感じる事ができるか。

一番大事なのはそちらじゃないかなと思います。

その心構えが、好きではなく愛情なんだと思います。

生活寄り添うことは奥深い情愛がなければできない。

ただ好きでは困難。

忘れかけてたヒトは思い出してほしい。

いまだに知らないヒトは、これからの遭遇の中で見つけてほしい。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です